広島・原爆記念日(8/6)【灯籠流し】〜平和を願う〜

こんにちは😊 よしだゆうきです

僕は8月6日に広島の『原爆ドーム』の近くで行われた『灯籠流し』に行ってきました!どんなものなのか、サクッと紹介していきます〜

 

その前に、『原爆ドーム』って?

 

『灯籠流し』って?


一般的には、お盆の行事で行われる『送り火』の一種です。灯籠流し自体は各地で行われています。

原爆や戦争により、亡くなった方の霊を慰めるとともに、世界の平和を願い川に灯籠を流します。戦後あたりから始まり、当時は「復興」の願いも込めめられていたそうです。

一つ一つの灯籠がゆっくりと川を流れていく光景に、心を奪われます。

 

自分は良い写真を撮れなかった…。。たくさんの方がカメラを構えて、ベストショットを狙っていましたよ!

 

 

場所や時間は?


  • 毎年8月6日の平和記念日
  • 時間は18時〜21時30分頃
  • 見学は無料です。(※灯籠を流す場合は、1つ600円。メッセージを書いたり出来ます。受付の時間が20時30分頃まで)
  • 原爆ドームの横を流れる『元安川』で行われます。

 

アクセスは、広島駅から路面電車で、「原爆ドーム前」を目指す事をおすすめします!

19時〜20時頃が見頃ですね〜🤗。1つ600円で灯籠を購入し、自分の灯籠を流すのも良いかもしれません。

(最近は、環境保護の為、灯籠は回収するそうです。)

 

 

夜の『原爆ドーム』も見応えある!


夜はライトアップされていて、綺麗です!

 

日中とは、全然違いますね〜!

夜になると、こんなお客さんまで…

 

 

見えますかな!!

ほら、ここに!!!

 

 

周りの人も、夢中になって見てました〜。なんか、神秘的に感じますよね。(こっちにこーい!)

ちなみにお昼には…

 

こんなところにも〜!優しいおじいちゃんと、それを見つめる少年。微笑ましいな…

(猫にエサあげたい。。。)

 

 

最後に


本当にサクサクっと紹介しました〜。

観光客の方で賑わい、中には、原発問題について演説している人も。みんなが、平和を想い、それぞれの形があると感じました。

お酒🍺を片手に座り、ただ眺める。なんてのも最高ですね〜。

 

そして…

西日本豪雨により、今も尚、災害活動が続いています。今年の灯籠流しは、復興の願いも込められていたでしょう。

僕は1週間ほど、広島の呉でボランティア活動をして来ました。まだまだ、人の手が足りていない状況です。そこで、復興に向けている人達がいる事を忘れてはいけないと思いました。現地に行かなくても、自分が出来る事を考えるだけで充分だと思います。

 

「災害ボランティア活動をしてよかった事」について記事にしています。一緒に読んでみてください。

 

次に自分がその立場になった時、何ができるか。みんなで手を取り合えるか。離れた地だからなんて、関係ないし、みんなで乗り越えたい。

初めての『灯籠流し』を見て思いました。

 

平和な日々がずっと続く事を願って

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です