【自己紹介】よっしーについて

この記事は、僕の生い立ちをまとめたものですが、まだ完成してません。

「あ、見ちゃうのか〜!」

 

生い立ち

1997年7月4日、秋田県横手市で生まれる。出生時の体重は39○○。あの「平成の大横綱・朝青龍」に迫るほどの大物として騒がれた。

小学生時代

アニメ『MAJOR(メジャー)』を見て野球に目覚める。

4年生の時、地元の野球スポーツ少年団と契約(普通に入っただけです)。吾郎(MAJORの主人公)と同じピッチャーを務める。球が来ない(=遅い)タイプだった。

【追記】

・アルペンスキーもやってた。周りより早かったのは始めだけで、学年が上がるごとにどんどん追い抜かれる。一丁前のスキー板・ウェア・ワックスを使うも、結局最後まで滑るのが怖かった。いかに無事に下まで降りてくるか、いつもケツ争いをしていた。

・ドッジボールもやってた。チーム名は『横手南かがやキッズ』。初代メンバーである。いつも「おれにボール来るなよ〜。」と祈り、結局あてられていた。

 

中学生時代

(特に校則はなかったが)冬のコートは黒・ネイビー・グレーのどれかという暗黙のルールを打破するべく、キャラメル色のPコートを着た。

「暗黙のルール」なんて言ってるが、そもそもみんなが思ってたかは分からない。ただの自意識過剰である。Pコートは母さんと一緒にサティに買いに行った。

ちなみに、野球もやってたよ。

【追記】

 

高校生時代

2度の盗難を経験、さらに3度目盗みにきたところを鉢合わせる。雪が積もる中(靴下で)追いかけ回すが、すぐ脇に止めていた車に乗られ逃げられる。

しかしタダで返さないのが僕。車種とナンバーを覚え(忘れないように部員に伝え復唱)、先生→警察の必勝パターンで僕に軍配が上がる。

僕は車に全く詳しくないのだが、犯人が乗っていた車は『当時母さんが乗っていたヴィッツ』であった。これが勝利の要因。ちなみに母さんが犯人ではない。

 

全て同じ人の仕業で、盗んだものは川に捨てていたらしい。彼には、財布・携帯2台・野球のバッグ・着替えなどを盗まれたが、帰ってきたのは半ズボン1枚、今も大切に使っている。

ちなみに、野球も続けていた。

 

今ハマっていること

趣味

のら猫の撮影

カリンバ

刺繍

師匠は、マカベアリス先生です。

編み物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です