初めての広島〜世界遺産・宮島を楽しむ〜

みなさんこんにちは。今回は宮島の楽しみ方を紹介したいと思います。まだ行ったことない方は参考にしてみてください。

宮島への行き方


宮島へは様々なアクセスがあるので、出発場所によって変わってきます。

広島駅から宮島へ

JRで宮島口を目指すことをおすすめします。乗り換えなく30分程で行くことができます。(広電の路面電車も可能ですが、倍近く時間がかかります。)

宮島口からは歩いてフェリー乗り場まで向かいます。フェリーに乗ると15分ほどで宮島に到着します。

お、見えてきたぞ〜

本当に海の中にある。。

 

原爆ドームから宮島へ

ちなみに、原爆ドームを見てから宮島に行く事も可能です。その場合は、直通で宮島までいく高速船をおすすめします。少々割高になるかもしれませんが、時間も短縮できます。

 

宮島に到着


とにかく穏やかな海ですね〜!日本海とは大違いです。

 

鹿のお出迎え

宮島に到着すると、たくさんの鹿がお出迎えしてくれます。海外から来た観光客の方は写真を撮りまくってました。

こんなところにも鹿が…

そして素敵な2ショットまで…

宮島の鹿は人に慣れており、大人しいです(基本的には)

たまに、バッグをひっぱたり、女性のひらひらした服に近寄ったりしてました。餌を買ってあげる事も出来ますよ😄

 

紅葉饅頭を食べながら…

宮島には名物の紅葉饅頭、牡蠣のお店がたくさんあります。(牡蠣食べれない。。( ;  ; )

実際に作っている場面を見たり、出来立てを店内で食べれます〜(お茶のサービスも有り)

色んな味があり、気をつけないと次から次へと手が止まりません…。我慢、我慢😫💦

 

厳島神社


厳島(宮島)は日本三景の一つとされていて、聖徳太子の時代に建てられたとされています。平清盛とも強い結びつきがあり、戦国時代には毛利元就が修復したりと歴史を感じられます。

また、厳島神社の平舞台は日本三舞台の一つで、さらに、大鳥居は日本三大鳥居の一つでもあります。すごいの一言です。。

神殿から見える鳥居がこちらです!この写真では満潮ですが、干潮になると、鳥居まで水が引きます。

 

 

鳥居に近づく


干潮になると、鳥居の足元まで近づくことができます。※時期によって異なるので潮見表で確認したり、宮島の方に聞くことがおすすめです。

実際に干潮になるとこのように…

 

でかい!!!浮いてるのかと思ったら、なんと鳥居の自重だけで立っているんです!

夕日と合いますね〜

近づいてみると…

 

 

柱にお金がたくさんある。。とにかく…

 

『拾え!拾えーーーー!!』(拾ってません。やっちゃダメ。)

でも、なんだかみんな下向いてたような…。

 

厳島神社だけじゃない!


宮島に来て、紅葉饅頭食べたし、鹿見て、鳥居にも近づけた。

さあ帰るか〜…。って、ちょっと待て!!!

そんなことをしては、勿体無いです!まだまだ見所がたくさんありますよ!

 

大聖院

宮島にある寺院の中で最も歴史が古いです。少し歩きますが、山の方にも鹿がいて案内してくれます(?)

上から見る景色も最高です!

愚痴聞き地蔵

大聖院には愚痴聞き地蔵など、色んなお地蔵様がちらほら。僕も探して聞いてもらいました…。

(ゴロゴロするだけでお金欲しい。。。)

弥山に登る

山頂の標高は535mで、先ほどの大聖院からは20分程で登頂できるようです。ロープウェイもありますし、紅葉の時期はおすすめかもしれません。

※きちんと準備をしてから登りましょう。サンダルなどでは登れないです。。

山頂には史跡、神社仏閣、自然の巨岩奇石が数多くあります。また、「消えずの火」は空海が修行の際に訪れて焚かれてから、今日まで燃え続けています。実に1200年以上!広島市の記念公園にある「平和の灯火」の元火となりました。

また、「消えずの火」は永遠のを愛を表していると言われ、恋人たちにとって神聖なパワースポットとなっているそうです。また、ハートのあんこが入った紅葉饅頭を手焼き体験する事ができます。二人で作るとよりいっそう楽しいですよ!って事で、

 

そこのカップル、行って来いーーー!

 

山頂からは遮るものなく、瀬戸内海を一望できるとのこと…。見たかったあ〜。みなさん行く機会がありましたら、是非見てきてください!

 

最後に


宮島は一日中いることができます。ご当地スタバもありますし、宿泊施設まであります。かっこいいお兄さんが人力車で案内してくれるぞ〜

宮島の良さは海・山・歴史・動物と自然を感じられます。海を前にのんびりと本を読んでもいいですし、鹿と戯れてもいいです。

宮島は、時間がゆっくり流れているみたいです。一人で行くのもいいかもしれません。また訪れたいと思う場所です(^○^)♪

 

心のリフレッシュにどうぞ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です