自分の人生を造る

みなさんこんにちは。よしだゆうきです。

さて唐突ですが、このブログのURLの【heiwa-boke】は、大学の友達から「平和ボケしてる。」と言われたことから取りました。調べてみたら、『自分を取り巻く環境は平和だと思い込み、周りの実情に目を向けようとしないこと』などを意味するもので、めっちゃ皮肉な意味で使う言葉でした。

でも、自分を取り巻く環境は平和と思い込むって、素敵やん!!

大学では友達から少年と言われています。これは、寮にいた時の同部屋の人に、考えてる事、やる事が子供みたいということで命名していただきました。

ってこれも皮肉じゃん!

どこにいても、少年と言われ、恥ずかしかったけど、今では気に入っているところがあります。(みんな、本名わかってるか…。)今更、名前で言われるのも違和感あるし、いいかあ〜。。ある人は、「少年は、おじいちゃんになっても少年だぞ!」と言ってくれます…

今日はそんな平和ボケした少年が自分の人生における、自分なりの幸せについてつぶやいていきたいと思います。

 

かつての自分は…


大学に入学した頃の僕は、

・友達が持ってるから自分も。また、それよりいい物を持ちたい。

・みんながやってるから、なんとなくやる。

などと、とにかく周りにいる人を基準にして比べていました。だから自分の中では漠然としていました。用もないのにお店に入って、何を買おうかなあ〜。と悩んでいる感覚です。

そのような状況で満たされた幸せは、その場しのぎで、周りと比べた自分に対して満足していると気づきました。ブランド物や肩書きを身につけた自分に憧れがあったのです。でもそれって、ちょっと場所が変わるだけで、価値が0になったりすることもあります。

 

自分にとっての幸せを知る


僕は、『平和』『のんびり』『穏やか』『温かい』『喜び」のような言葉が好きです。とにかく心が温かくなるような経験や出会いを求めています。

と言っても、幸せって物差しで計れるわけでもないし、目で見えるわけでもない。定義もなく人それぞれだと思うんです。環境や自分の位置付けによって、変化もしていくし。

幸せに大きいも小さいもない。直感を大切にする。その時、側に誰がいたか、自分の心がどこにあるか。

自分にとっての幸せを知っている人が、自分の人生を造ることができると思います。

その中で、自分がどうありたいか、どう生きたいか、ぶつけてみます。

 

では僕にとっての幸せとは?

 

幸せを感じる時


僕は自分自身で、人に与える事ができたと感じられた時が幸せになります。

それにより、感謝されたり、喜ばれる事も、もちろん幸せ。自分が投げたボールが、たくさんの人を繋いで返って来る。しかもそのボールは、大きくなったり、増えたり。それが自分にとって幸せと感じます。

自分にとっての当たり前が、当たり前じゃない時。周りを見渡した時、周りに声をかけてもらった時に気付かされます。僕は2年前に被災地だった熊本に1人で行ったことが、きっかけでした。初めての経験、出会い。何もかもが新鮮で、自分の物語を作っているようでした。

今の自分の環境を変えるだけで、見えてくるものもたくさんあります。だから僕は、いろんな土地に行きたいと思うし、そこでいろんな人の話や考えを聞きたいと思っています。

 

心の幸せは心臓と同じ仕組み


心臓の仕組みと、幸せのあり方は似ていると思います。

心臓は、ポンプの役割をしていて、酸素をたくさん含んだ血液を体の隅々へと運びます。そのように満たされた僕達の体はとても良い状態になります。そこで、酸素を運ぶ先である、手や足、頭などの体の部分を、自分の周りにいる人に置き換えます。

自分が周りの多くの人に幸せや愛を与え続けることが、結果、自分を満たすことになる。その時の満足感は自分の為に行っていた幸せよりも、大きく感じます。回りに回って、自分に返ってきます。

幸せな時、泣きたい時、嬉しい時、怒る時。胸が締め付けられたり、ウキウキ、ハラハラしたりするのは何か通づるところがありそう。

 

幸せを変換していく


まずは自分が楽しい、幸せだと感じることを突き詰める。

次に、それを誰かの役に立てるように変換していったらいいと思う。それは必ずしも、生活を便利にするものじゃなくていいし、ちょっとした事でいい。

そうやって『自分』が造られていくのではないかなと。それを感じ取る事が重要なのかなあ〜と思ったりしています。

 

人生に愛を活かす驚くほど簡単な方法


これは、アメリカ出身の講演家・作家である Barry Neil Kaufman(バリー・ニール・コーフマン)の言葉です。

愛とは、

  1. 相手を受け入れ、評価をしないこと。
  2. 相手の最善を望むこと。
  3. 相手が能力を開花させる手伝いをすること。

と定義しました。

 

そして、幸せへの道を、

  1. 現在の一瞬一瞬を、心置きなく生きる方法を身につけること。
  2. 愛と幸福を人生で最優先すること。
  3. 人を批判している自分に気づくこと。
  4. 感謝すること。
  5. 思考と行動に嘘がないように生きること。

と述べました。

 

 

自分が求める幸せな人生


コーフマンの言葉を聞いて、『自分を取り巻く平和な環境を、自分のことのように周りに与える』そんな生き方ができたらいいなと思いました。

まずはその環境を作る。次はどんどん発信していく。

さらに、共感してくれる人、同じ気持ちの人が集まるコミュニティを作っていきたい。そこは温かく、寄り所となるような場所。そして、いろんな人に与える。そういった人生にしたい。

ブログを始めて、自分と向き合う時間が増えたと思います。今までぼーっと過ごしていた毎日が、常に自分の人生を造る為の思考に変わってきたんです。

いろんな考え方がある。みんな違ってみんないい。どれが良いとか悪いってのはなくて、自分の好みか、好みじゃないかの二択だと思ってます。自分が幸せと思えるものを見つけたら十分だし、それを求めるから楽しい。

 

 

みなさんにとっての幸せは何ですか?

 

2 件のコメント

  • 素敵。
    言葉って、魔法とおんなじではないでしょうか。
    使い方次第で「悪いもの」にも、「善いもの」にもなり得ます。
    世界は広くて、色んな人がいます。
    広い世界に、君の善い言葉が届きますように。
    君の言葉が、君にとって善い言葉であり続けますように。

    • 応援者Aさんコメントありがとうございます!初めてのコメントを頂けて、嬉しくて、飛び跳ねてます。
      自分の思いや言葉が届いていると思うと、ブログを始めて良かったと思います。
      「温かさ」や「平和」を届けて行きたいです。
      見守ってください。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です